岡本沙紀がかわいい!中学高校時代のかわいい画像も!まとめ

岡本沙紀 かわいい 中学高校 

岡本沙希さんといえばTBSの人気番組「東大王」に出演し

笑顔がかわいいと評判です。

中学高校時代はどんな学生生活をすごしていたのでしょうか?

岡本沙希さんのかわいい画像と共にご紹介します。

岡本沙紀がかわいい中学時代

岡本沙紀さんは2000年生まれの現在20歳

東京大学理科Ⅰ類に在学しています。

中学は筑波大学付属中学校出身で中学受験をして入学していると思われます。

中学受験というと親のサポートなしでは合格は難しいという意見もありますので

やはり親御さんも教育熱心なかたなのではないでしょうか。

中学時代もやはり可愛かったんでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dobar Dan! 🇭🇷 こんばんは! 今日の関東での放送を見てくださった皆様、ありがとうございました😌 それから、受験の真っ最中の方、結果が出た方、お疲れ様です。祈っています。 今日の写真は、富永さんに頂いた差し入れにテンションを上げる紀野さんと岡本です!大変美味しく頂きました😋 ありがとうございます💝 Thank all who’s seen the broadcast today! I wish for everyone through the entrance exams. The photos were taken while Sara and I got excited with the gift from Tominaga-san 😍 We really enjoyed the treat ✨ いつも沢山の質問ありがとうございます! なるべく全部に返せるように頑張りますね💦

岡本沙紀(@okamoto_sa_ki)がシェアした投稿 –

筑波大学付属中学は1950年より男女共学となっていて男女比は1:1だそうです。

岡本沙紀がかわいい高校時代

岡本沙紀さんは高校生時代からその才能を発揮しています。

高校は東大王でお馴染みの鈴木光さんと同じ

筑波大学付属高校出身偏差値78

 

この投稿をInstagramで見る

 

憧れの先輩方と👩‍👩‍👧✨ 長年憧れていた方々と同じ場に立たせて頂いて、しかも筑附OGの3ショットを撮りたいというお願いまで聞いて頂いて!本当に嬉しかったです!!! ・ ・ 質問にお答えします ・ ・ ○私が好きなシャーペンはステッドラーの製図用のものです。0.3mmも0.5mmも使っています。最近は金属製のものを使っていますが、勉強時間やスタイルに合わせてプラスチック製を使っていた時期もあります。 「この科目では配布資料の端に沢山書きたい」「この先生のお話は漏らさず書き留めたい」「大きく図を描きたい」「疲れたから軽いものが使いたい」などで使い分けていて、フリクションボールペンや万年筆で板書しているときもあります。 お勧めしたいシャーペンは沢山ありすぎて絞れないのですが、PILOTのREXGRIPはとても安いのに全くぐらつきません。凄いです。カラーバリエーションも豊富で、よく学校名などがプリントされたものを購買やイベントで見かけます。0.3mmのものが特に色がおしゃれで好きです。 ・ ○好きなクイズのジャンルは、語源に関する問題です。比較的得意なジャンルでもあります。 ・ ○言語の習得方法には大きく分けて ①フレーズを覚える ②文法を理解する の2フェーズがあると考えていて、どちらからやるべきかは用途に応じて決まってくると思います。例えば、旅行前に簡単な会話を知りたいと思ったら①を中心に、辞書を引きながら読みたい作品があれば②を中心にといった具合です。 私は暗記が苦手でしかも飽き性なので、②だけかじって放ったらかしてしまうことがよくあります😅 ・ ・ 好きなことに関して書いていたら長くなってしまいました。いつも応援ありがとうございます。 #東大王 #鈴木光 先輩 #八田亜矢子 先輩

岡本沙紀(@okamoto_sa_ki)がシェアした投稿 –

全国の偏差値ランキングで筑波大学付属高校は

ラサール高校・お茶の水女子大学付属高校・開成高校と並んで全国2位の偏差値

(因みに1位は灘高校で79)

偏差値78はすごいですね。

きっとものの見方や考え方が普通の人とは違っていそうな気がします。

高校時代はクイズ部に所属していたそうで高校生クイズにも挑戦。

岡本沙紀が高校生クイズに出演

岡本沙紀さんといえば高校時代に高校生クイズに出場し

第3位になったことやその堂々とした発言からすでに東大王のスタッフさんから

目をつけられていたのではないでしょうか?

高校時代には留学も経験

6ケ国語を操ることが出来るなど桁外れに優秀な岡本沙紀さん

高校1年生夏~高校2年生の夏までアメリカ留学していたそうです。

生きた英語を学んできたんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アメリカに留学していた時の写真です。 1枚目はシカゴ、2枚目はフロリダ、3,4枚目はステイしていたケンタッキー州での写真です。 銃は、退役軍人だったホストファーザーに撃ち方を教えてもらいました。 当時は今より5kg以上太っていたのでお恥ずかしいです笑 いつ留学するべきかについての質問を頂いたので、当時のことを思い出しながら答えます。 長文になりますがご容赦ください。(下の方でいつものようにコメントでいただいた質問にもお答えしていますので、そちらが気になる方は一気にスクロールしていただけましたらと思います) These pics were taken in my exchange year. (Chicago, Florida state, and Kentucky state) All who met and what I experienced lead me to who I am now. It was not always enjoyable but meaningful. I can never appreciate enough to have this opportunity. I shot a pistol, a revolver and the one on the forth pic under instructions by my host father, who had been trained in marines. Although I will never say exchange experience is great for everyone nor any country is prior to somewhere else, I am somehow proud of having been there in the last election year. ーーーーーー 私は高1夏から高2夏まで、アメリカで11年生としてすごしました。この期間にした理由はたくさんありますが、 ・ある程度の英文法を学んでから長期滞在したかった。 ・筑波大学附属高校に留学中の単位を認定して進級させてくれる制度があった。 ・単に海外生活をするというよりも、ホームステイと現地校通学がしたかった。 ・帰国が大学受験の直前になるのは避けたかった。 などがあります。 また、行ってみて、英語学習や文化交流について ・旅行や短期の訪問のための英語を学ぶなら、日本国内で十二分。 ・学術的な単語や生活に根差した表現を学ぶなら、現地で生活を送るのが最も効率的 (それに特化した教科書を日本で入手するのが容易ではないため) ・現地の考え方や文化に触れるなら、ある程度成熟した年齢(ティーンエイジ以降)で行く方が学びがある気がする。例えば、自分はもう少し早く渡米していてもアメリカ史の授業や選挙の話題についていけなかったと思う。 ・現地で英語をどれだけ生活言語として使っていても、発話に慣れることはできるが、発音や文法は教えてもらわないかぎり上達しない。 ・現地の文化を予習しておくのも当然必要だが、日本の(あるいは自分が育った)文化や慣習についてしっかり説明できるようになっておくことも重要。「これは日本ではどうするの?」は留学中に一番多かった会話の一言目でした。 といった考えを抱きました。 また、一般に言語習得は若ければ若いほど楽にできるとされています。よく学説が変わる領域なので最新理論かは分からないのですが、母語習得は十代前半までに終わってしまうと聞いたことがあります。(詳しい方いらっしゃいましたら教えていただけましたら幸いです) なので、結論としては ・マルチリンガルになることを目指すなら幼いうちから ・ビジネス英語やアカデミックな英語の習得ならある程度大きくなってから ・単に英語が上手くなることが目的なら留学よりも勉強 ・異文化学習としての要素を重視したいなら何歳でも、寧ろ大きくなってからの方が学びが多い可能性も だと思っています。 ーーーーーー 〜質問にお答えします〜 ●東大王メンバーのことは「〜さん」とお呼びしていることが多いです。光先輩のことは昔から存じ上げてるので例外ですね笑 ●ロシア語の難しいところは、「格変化」といって、日本語の助詞の持つ役割を名詞の語尾が担っているところでしょうか。発音や動詞の活用はほかのヨーロッパの言語と比較してあまり難しくないです。 ●鉄道は見ること、乗ること、描くことが好きです。中学の修学旅行では大井川鐵道に乗ってアプト式線やSLに乗った思い出があります。 ●各言語のイメージですか…… 喉の奥を使った発音の多いドイツ語はいかめしく聞こえたり、巻き舌などがあって舌先を使うロマンス諸語は楽しく聞こえたりします笑 明日も関東では19時から東大王の放送あります!よろしくお願いします💫

岡本沙紀(@okamoto_sa_ki)がシェアした投稿 –

高校時代に言語学オリンピックに出場

2018年高校2年生で『国際言語学オリンピック大会』日本代表で出場しています。

世界の言語知識を持ち言語解読という世界で最も解きごたえのあるパズルを使って

頭脳を競う競技大会なんだそうで。

ちょっとここまで来てしまうと凄いとしか言いようがないですね。

東大には岡本沙紀さん同様推薦で合格しています。

あんなにかわいい笑顔で頭脳明晰なんて羨ましいですね。

岡本沙紀の東大大学時代にも!

今年の2月末日には東京大学のプログラムの一貫でサウジアラビアの王立女子大学を訪問。

現地の衣装に身をつつんだ岡本沙紀さんもかわいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

مرحبا 🇦🇪🇸🇦 日本では春一番が吹いたそうですね。COVID-19の流行が本格化してきたとのことですが、皆さま体調はいかがでしょうか。 高校受験の結果が出た方、前期国立大学入試を終えた方、お疲れ様でした。新たな春に向けて素敵な一歩を踏み出されることを祈ってます! 私は東京大学のプログラムの一貫でサウジアラビアの王立女子大学に滞在しています。 写真はトランジットの際に立ち寄ったドバイで、ブルジュカリファ (برج خليفة) に登ったり、本やアバヤ・ヒジャブと呼ばれるお洋服を買ったりして満喫した様子です💝 ブルジュカリファの124階の窓には隙間が空いてて、とても風が強かったです!! ドバイでは観光しかしていないのですが、サウジアラビアで滞在している大学ではまじめに勉強や現地学生との交流をしているので次の投稿ではそちらについて書こうと思います。あと数日頑張ります💪 وداعا🙌

岡本沙紀(@okamoto_sa_ki)がシェアした投稿 –


東大王ではまだ候補生とのことですが憧れの先輩である鈴木光さんと

一緒に活躍する日々が見られるのが楽しみですね。

まとめ

岡本沙紀がかわいい!中学高校時代のエピソードまとめはいかがでしたか?

東大王で見せる顔とはまた違た学生時代のエピソード。

留学や高校生クイズ、言語学オリンピックなど様々な経験をしている岡本沙紀さん

すごい20歳ですよね。

今後の活躍が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。