滝沢カレンの母のバレエ教室が一等地に?教室開設の経緯まとめ

モデルに女優にバラエティーにと引っ張りだこの人気タレントの滝沢カレンさん、

滝沢カレンさんの母親はバレエ教室を主宰していました。その教室は都内の一等地にあるのだとか。

滝沢カレンさんの母親が経営していたバレエ教室と教室開設までの経緯をまとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさん、こんばんは💕 急に居間から顔の圧迫ごめんなさい。 誰がこんな近付けと言ったか。と思われてると思いますが、たまには許してください☘️ 本日はメイク撮影をしてきまして、私服と合うメイクを見せたくてこんなことになりました。 春メイクの撮影でして、ほんとうはすごく鮮やかな服と合わせましたし、それも見ていただきたいです☺️ Viseeさんの春の商品もお楽しみにしてください❣️ 驚異的な腕を持つヘアメイクさんの林由香里ちゃんという人にしてもらったので、甘くなりすぎないのにかっこよ上品なヘアメイクを知った人です。 「美的」にて見せますのでまた発売になりましたら言いますね✨ やっぱり撮影も最高に楽しー!です☺️ さよなら✨ #そりゃ春も大喜びだ #日本は季節を分けてメイクができる #てんてこまいにメイク売り場に行きたくなる #なかなか使いにくいと思っていた色が #いい味だしたりしてさ #つけてみるもんだね肌上に #初めての色をつけた顔で春に挨拶したいもんだ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

滝沢カレンの母のバレエ教室は都内の一等地に

滝沢カレンさん母親が経営していたバレエ教室は都内の一等地表参道にあります。

もともとは滝沢カレンさんの母、宮沢さゆりさんの父親が経営する建設事務所があった場所

父親が病気で倒れた際、内緒でバレエ教室に改装してしまったのだとか。

凄い行動力ですよね。

滝沢カレンの母バレエ教室の評判は?

滝沢カレンさんの母親が経営していたバレエ教室。

もともと母の宮沢さゆりさんはロシア語の通訳の仕事をしていたことから

知り合いのロシア人ダンサーが講師を買って出てくれ、本格的な指導が受けられると

かなり人気のバレエ教室だそうです。

滝沢カレンさんもプロのバレリーナを目指して3歳から14歳までレッスンに明け暮れていたそうです。

その後カレンさんは竹内結子さんの『ランチの女王』を見て女優になりたくて

バレエを辞めたんだとか。モデルではなく女優というのが意外ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさん、こんばんは😊✨ 今日さ、ガールズアワードでした💓 みなさん、見ていたのでしょうか❓ 私は年に2回の貴重な大草原のような場所にいく気持ちの日です🌙 どこまでも広い土地に、揺るぎなく集まりあう人間と光と服の集団がギュッとなるあのこじんまり会館がたまらないです😊 素敵な衣装に、昼間なのに暗闇を持ちだしパラパラと目の奥にまで刺激がくる堂々とした光との演出はこれ以外ないです✨ 今回は言うまでもなく、MSGMさん、SHE THREEさん、MURUAさん、を歩かせていただきました💋 嫌でも秋や冬が来ることを突き付けられる日です🎵 ですが、ここには季節を嫌がる人はいなくて、秋のコーディネートを各ブランドさんが堂々と胸を張り動きだすので、私たちモデルもしっかりその気持ちを落とさず拾い集め堂々と服と二人三脚してきました💕 秋のやる気は私たちの責任にもなりますからね👍🏼 ちょっとした階段が気に入ったのは写真からバレてはいますが、親分にも感じるこの強い階段が好きになりました👀 さぁ❣️今日はまだ終わりません🥰 モデルな気分を味わいに腹パンしたからって訳じゃなく、これからは楽しい館に行ってきます😋 TBSさんにての、「オールスター感謝祭!」出場します🥰 「G線上のあなたと私」のグループに見事入れてもらいました💕 楽しませてください💋✨ 広々草原のあとは優しい居間に再集合です🌙 さよなら🥳 #秋と服とのアンサンブル #秋は服に寄り添い #服は秋を引っ張るかのように #幕引き役にはバッチリだ #健気についていく私たちは #秋への世界に足を踏み入れた

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

滝沢カレンの母がバレエ教室を始めた経緯

滝沢カレンさんの母、宮沢さゆりさんは小さい頃からバレエを習っていました。

ある時ボリショイバレエの『ロミオをジュリエット』をみて感動し、

自分が習っているバレエとの違いを感じたそうです。

そこでロシア語の勉強をすればもっとバレエのことが分かるかもしれないと独学で勉強しながら

バイトで留学資金を貯め、両親の反対を押し切って留学。

プーシキン記念ロシア語大学に入学しています。

当時はソビエト連邦の時代ですから治安の面で不安なところもあるのではと思うのですが、

単身留学、なかなか出来る事ではないですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさんこんばんは😊 昨日はみなさんそれぞれの気持ち出すぎてて嬉しかったです💕 居間の方々はほんっとに友情堅いですね😃 昨日の写真は加瀬芙美さんであり、滝沢カレンではありません。 今日はそうです、私が滝沢カレンです、こんにちは❤️ ジーパンをしつこく信頼してるので、また登場です💗 特別な日には履きたくなるジーパンは私にとっては逆の見せ物なんです🥰 イカツソウナジーパンには、生地を散りばめ用だけにも使う贅沢ブラウスと合わせるとどちらも、そりゃないよね、と一歩引いてくれてちょうど平熱くらいの自分で着れます👍🏼 ですし、黒なので着てきた自分の服を忘れられます💓 暑い夏が好きだといいつつ、冷たい風の親分でもある冷房には根っからの弱くなかなか夏本番な服着てません🤦🏼‍♀️ さよなら😊 #カレンのタンス #下になにか落ちていなくたって #下は向いてしまうよな #上には太陽や空があるように #下にも見てほしい景色はある #360度一気に楽しめはしないが #見逃した景色は #それほどたくさんの時間が集まっているからだ #いいんだゆっくりゆっくり見ていけば #見せてくれる日を待ちながら

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

留学後、日本に帰国するとロシア人のバレエの先生の通訳などをして、

『ロシアバレエレッスン』とう本を出版したり、新国立劇場でバレエ関係の通訳をしていました。

そんな時父が倒れ、冒頭に書いた通りテナントが空いた事をきっかけにバレエ教室を始めたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさんこんにちは😊 わたしの仕事メイクもわたしのP(プライベート)メイクも支えてくれてるポイントメイク手助けは、Viseeさんです💄 ありがたいモデルにさせて頂く前からも使っていたので、ブランドキャラクターさせて頂くと言ったときは配管器官おかしくなるかと思うくらい幸せでした❤️ そんな私の突飛ょもない感情はとやかく…本当に発色いいのでみなさんに教えたいです💓(知っていたら申し訳ない) 口はマットリップラッカーのOR280だったと思います💗 たまにリップ&チークをミックスさせて使ったりもしますので、自分だけの好きな色が作れます🤣💕 発色良すぎるので1ターンしたら助かります😂なので使いたくても減っていかないので、相当な年月は持つ可能性大です🥺 あとはメルティシャープ・ジェルライナーは本当に言わせてください💖 大好きな線が事細かに書けます😢 キャットアイメイクが大好きですので、つるんと柔らかなキャットが出来上がれます💁🏼‍♀️ 本当にライン引くのは苦手中の苦手でしたが、P(プライベート)で引くのも楽しくなりました🥰(写真はメイクさん作) 居間の男皆様には、楽しそうな会話してしまい失礼しましたが、ぜひ女性関係のお知り合いいましたら、ぜひプレゼントにもオススメですので、関係ないという顔しないで聞いてください🙇🏼‍♀️💓 楽しく愉快に綺麗になれるよう一緒に輪になり輝く方へ回っていきましょう🌏🌹 それでは、さよなら🧚🏼‍♂️ #Visee #隣の人に言いたくなるほどのことって #そうなかなかない #自分だけ知って教えたくないことだってあるけれど #やっぱりいいものは誰かと頷きたいから #私は胸を張って言ってしまうんだ #きれいの鍵はたくさん合鍵作りたい #みんなで同じドアを開けようよ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

まとめ

滝沢カレンさんの母のバレエ教室開設までの経緯はいかがでしたか?

自分が好きな事、興味のあることに真っすぐに全力で頑張る姿は本当に逞しく、

素敵な女性だと感じました。

きっと滝沢カレンさんにも母の夢に向かってひた向きに頑張る姿勢が

受け継がれているのではないでしょうか?

滝沢カレンさんの今後の活躍も楽しいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事
滝沢カレンの母国語は何語?個性的な日本語が生まれた理由!

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。