不織布マスクを洗濯!効果はどうなる?

不織布 マスク 洗濯 

相変わらずのマスク不足でどこに行ってもマスクが売っていませんね。

先日使い捨ての不織布マスクをポケットに入れたままうっかり洗濯してしまったのですが、

意外にも見た目は綺麗に形を保っていたので、マスクを洗って使用しても大丈夫なのでは?

と思い調べてみました。

しかし見た目とは裏腹に効果は・・・。

不織布マスクを洗濯!効果はどうなる?

結論から言うとマスクを洗濯すると花粉やウイルスを防ぐ効果は格段に落ちます。

見た目には変わりませんが、ウイルスを遮断する効果は大幅に減少してしまうのです。

最近は洗っても10くらいは効果があるというマスクも販売されているようですが

一般的に不織布のマスクは洗ってもう一度使用するという事は考えない方が良さそうです。

ではなぜ見た目には何も変化が見られない洗濯をした不織布マスクはその効果が期待できなくなって

いるのでしょうか?

不織布マスクを洗濯!効果が落ちる理由

不織布マスクを洗濯するとウイルスや花粉の侵入を防ぐ効果が落ちる理由は2つあります。

水で洗う事により静電気による効果がなくなる

マスクはウイルスや花粉を不織布から出る静電気で捕囚しています。

水で洗う事により静電気の効果がなくなるとウイルスや花粉を捕囚できなくなるのです。

静電気でマスクの外側にウイルスを集めているんですね。

このためマスクを外すときのは外側のウイルスや花粉がついた面に触れないようにマスクを外す事も

重要なポイントになるのでマスクを外す際には気を付けましょう

中間層のフィルターが洗濯によって機能を損なってしまう

不織布を重ねることによってウイルスや花粉の侵入を防いでいた中間層のフィルターは

こすり洗いなどをすると傷がついてしまいます。

見た目にはわかりませんが、マスクを拡大鏡で見るとフィルターの繊維には傷が見られ、

部分的にひげ状に繊維が浮いていて、ウイルスを遮断する効果が大幅に減少してしまいます。

以上の事から、不織布マスクを洗濯すると、ウイルスや花粉の侵入を抑える効果は落ちてしまう

のだそうです。

見た目の変化は感じられないのに洗濯することでかなり繊維はダメ―ジを受けているんですね。

ついつい大丈夫だと思って水洗いするのはマスクとしての機能を低下させてしまうようです。

不織布マスクを洗濯!効果が落ちても付けた方がいい?

もともとマスクは症状の出ている人が着けるもの。

飛沫(ひまつ)を浴びる可能性がある人混みなどでマスクは一定の効果があるので

着けないよりは着けた方がいいです。

その場合どうしてもマスクがない時は、洗ってくり返し使う方法がありますが、

洗濯機で優しく洗う機能を使うか、

家庭用の中性洗剤で優しくもみ洗いをして、軽くマスクの水分をふき取り、よく乾かしてください。

また洗濯によって破れたマスクは使用しないでください。

もしくはマスクの内側にティッシュを折りたたんで挟んで使用し、毎日取り換えて直接口にマスクが

当たらないようにして使用するのがおススメです。

まとめ

不織布マスクを洗濯すると静電気効果の消失と繊維の傷により、

花粉やウイルスの侵入を防ぐ効果が減少することがわかりました。

マスクはなかなか手に入らないことから大切に使用し、少しでもマスクとしての性能が落ちないように

お手入れをしながら使用したいですね。

一刻も早くコロナの恐怖から世界中の人々が解放される日が来ますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
パンデミックに備える!日用品 リストまとめ【食料・お役立ち品】

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。