ハッシャダイ社長(久世大亮)の学歴と経歴!生い立ちが起業のきっかけ?

株式会社ハッシャダイは非大卒の若年層向けの

人材育成と就業支援を行う会社です。

その代表取締役社長の久世大亮さんは弱冠20歳で起業した注目のベンチャー経営者と言われ

 

株式会社ハッシャダイが運営している非大卒者むけの

「ヤンキーインターン」の卒業生は大企業からも

引く手あまたと言われています。

 

代表取締役の久世大亮さんの学歴や経歴生い立ち
詳しくまとめてみました。

ハッシャダイ社長久世大亮の学歴や経歴は?

 

名前:久世大亮(くせだいすけ)

生年月日:1993年(27歳)

出身地:京都府山科

 

学歴

地元の高校に進学した久世さんは毎日学校をサボって
パチンコ三昧の日々を送ります。

高校も中退するつもりだった久世さんは先生から

「今は目標なんて持たなくていい。
でも世界を広げるほどに見える景色が変わり、
人生の選択肢が増えていく。それで初めて目標がもてるんだよ。学歴を得る過程が大事なんだ。」

と言われそこから猛勉強して

京都府にある龍谷大学(偏差値37~57)に進学します。

 

龍谷大学は有名人の「やしきたかじん」さんや
ミュージシャンの「つじあやの」さん

他にも元プロ野球選手の伊能正司選手や

アナウンサーの山本浩未之さんなど、
多くの有名人を輩出している大学です。

 

大学時代の久世さんは勉強ではなくインターンでビジネスに没頭しそのまま企業に就職して大学は3ヶ月で中退しています。

 

経歴

大学を中退した久世さんは大阪にある携帯販売の
会社に就職。

企業では売上成績が良かったことで販売セクションを一任され

管理者の立場になってからは学生インターンを積極的に受け入れる体制を作り沢山の学生と関わります。

当時、東京では学生インターンは当たり前ですが

大阪ではまだ珍しかったことから多くの学生が応募してきたそうです。

久世さんが大阪の会社で2年半勤めている間に大阪でもインターン文化が普及。

事業の存在意義が希薄になったと感じた久世さんは

会社を辞めて京都に戻ります。

約3年後、地元に帰った際にかつてのヤンキー友達4人をさそって一軒家で共同生活をはじめビジネスを教えます。

その後4人と共に上京し

ビジネススキルやプログラミングなどを学ぶ機会を提供する

人材育成起業「ハッシャダイ」を設立しました。

ハッシャダイを起業したきっかけは生い立ちが関係

高校時代

母子家庭で育った久世さんは土木業や飲食店のバイトをして学費を稼いでいたそうです。

自身はヤンキーではなかったという久世さんですが

周りの友達はほとんどがヤンキー

学校に通わず、パチンコやアルバイトに明け暮れる日々。

しかし高校の先生からから「大学に行けば世界が広がる」と言われ猛勉強して大学へ進学します。

大学時代

周りで唯一大学に進学した久世さんはインターンでまざまな経験をしたことで自分が成長したと感じ


すっかり変わった自分と

何も変わっていない周りのギャップに驚きます。

同じくらい変われるはずだったのに変わっていない友人をみて自分が周りの人を変えよう。

と実験のような気持ちで
ヤンキー仲間にビジネスを教え始めます。

起業

一軒家を借りてヤンキー仲間の4人と共同生活を送りながら営業のアルバイトを与え

ビジネスを教えた久世さん。

自分が大学に進学してインターンを経験したことでチャンスや機会があればみんな変われるはず!

ヤンキー仲間が変わるきっかけを作ったことが

今の『ハッシャダイ』につながっているようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HASSYADAI WALL #hassyadai

HASSYADAI®︎(@hassyadai)がシェアした投稿 –

ハッシャダイの現在

2015年に久世大亮さんが代表となって立ち上げた

株式会社ハッシャダイは現在取材やテレビでも取り上げられる機会が増え

2018年にはDMM.comの傘下となり資金やノウハウの提供を受けてさらなる成長を目指しています。

DMM.comの会長である亀山敬司さんがハッシャダイを

傘下にした理由はインターン生向けに

講師として話に行ったときのハッシャダイの生徒たちが

見たこともない熱気と勢いで

パッションのある若い人に
お金を出したいと感じたからだそうです。

ハッシャダイのヤンキーインターン生の熱意
すごいですね!

2018年にハッシャダイは「HASSYADAI CAFE」をオープンしました。

このカフェは日本初の試みで非大卒者であれば無料で利用
でき若者たちの交流の場になっています。

ヤンキーインターンの卒業生の声

まとめ

ハッシャダイ社長(久世大亮)の学歴と経歴プロフィールをまとめてみました。

ハッシャダイの社長久世大亮さんは大学に進学しインターンを経験したことで自身の成長を感じます。

誰にでも成長のチャンスが与えられる選択肢を提供したい

という思いからハッシャダイを設立したんですね。

これからも多くの若者がハッシャダイから活躍する場を広げていくことでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。