グエン・ドク【ベトちゃんドクちゃん】の現在は双子の父親!

ベトちゃんドクちゃん現在

ベトナム戦争で米兵が散布した枯れ葉剤の影響で結合双生児として生まれ

日本の医師らの分別手術を受けたベトちゃんドクちゃんのグエン・ドクさんが

日本ベトナム友好協会大阪府連合会を通じて府内の日本学校や

高齢者福祉施設、病院などに不織布マスク1万2500枚を寄付して話題となっています。

30年前に日本で手術をしたことからこれまで何度も日本を訪れていたドクさんは

現在ベトナムでどのような暮らしを送っているのでしょうか?

ベトちゃんドクちゃんの分離手術

『ベトちゃんドクちゃん』と呼ばれた二人の分離手術は1988年10月4日

ホーチミン市立トゥーズー病院で分離手術が行われますがこの手術は

日本赤十字社が支援し、日本から医師団は派遣され

日本人医師4人とベトナム人医師70人という医師団を編成して

17時間にも及ぶ大手術となりました。

ベトちゃんドクちゃんの現在

グエン・ベト

グエン・ベトさんは分離後重い脳障害を抱え寝たきりの状態が続きました。

その後弟のドクさんに介護され2007年10月6日に腎不全と肺炎の併発により

26歳で亡くなっています。

グエン・ドク

分離後にグエン・ドクさんは障害児学校から中学に進み中退。

職業学校でコンピュータープログラミングを学んでツーズー病院の事務員となります。

グエン・ドクは双子の父親

グエン・ドクさんは病院の事務員の傍らボランティア活動を行いその活動の

際に知り合った専門学校生のグエン・ティ・タイン・テュエンさんと

2006年12月16日に結婚し2009年男女の双子が誕生します。

双子の名前は富士山と桜にちなみ

男の子にはグエン・フー・シー(Nguyễn Phú Sĩ / 阮富士

女の子にはグエン・アイン・ダオ(Nguyễn Anh Đào / 阮櫻桃

と命名されています。

まとめ

グエン・ドク【ベトちゃんドクちゃん】の現在は双子の父親!はいかがでしたか?

ドクさんがご結婚されて双子のお子さんに恵まれていることを知ることが出来て良かったです。

ドクさんが日本に送ってくれてマスクも本当にありがたいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。