堀ちえみ「リ・ボ・ン」歌唱動画!【24時間テレビ43】で舌がん術後初歌唱が話題!

24時間テレビ 堀ちえみ リボン 動画

24時間テレビで舌がんの手術後、初めてテレビでヒット曲「リ・ボ・ン」を

歌い上げた堀ちえみさんの姿が話題になっています。

昨年2月のステージ4の舌がんの手術をうけた堀ちえみさんはヒット曲を

歌い終えたのち両手で顔を抑えて泣き崩れていました。

その感動の歌唱動画を応援するファンの姿ともにまとめてみました。

堀ちえみヒット曲「リ・ボ・ン」歌唱は舌がん手術後初!

歌手の堀ちえみさんは昨年2月に11時間にも及ぶ舌がんの手術をしています。

舌の6割を切除する大手術で舌の皮膚は太ももから移植したのだとか。

はじめは移植した皮膚がうまく動かずゼリーを食べるのも苦労していたほど。

しかし支えてくれた家族やファンの為に歌を届けたいと

再びステージに立つためボイストレーニングに通うなど準備を重ねていたそうです。

手術から5ケ月後にボイストレー人ぐをはじめ

「歌える日が来るのを夢見て、ずっと同じことを何回も何回も繰り返して

がんばってきました。」と語っていた堀ちえみさん。

本当に辛い日々を乗り越えての歌声だったんですね。

堀ちえみ「リ・ボ・ン」を選んだ理由

堀ちえみさんには数々のヒット曲がありますが今回の復活に選んだヒット曲は

「リ・ボ・ン」。

アイドル時代、低迷していた時期にもう一度生まれかわるように

「リボーン(再生)」の意味が込めて1985年にリリースした自身のシングル曲。

癌が発覚したとき手術をしないと生存率は5割といわれて

手術はしないと思ったそうですが

娘さんから涙ながらに説得されたことで

「私の命は私だけのものじゃなくて家族のものでもあるんだなと思ったら

ちょっとでも長く生きないといけない」と思い手術を受ける決意をしたそうです。

まさに癌を克服し、生まれ変わった堀ちえみさんにとって

ピッタリの選曲ですよね。

堀ちえみ「リ・ボ・ン」歌唱動画!

 

堀ちえみの歌唱を支えたファンの姿も話題

24時間テレビでは往年の堀ちえみさんの親衛隊も駆けつけ

「おかえりなさーい、ちえみちゃーん!」と声援が送られていました。

『ありがとう』と感謝を口にしてステージに立った堀ちえみさんは

しっかりとした滑舌で「リ・ボ・ン」を歌い終えていました。

最後は涙がとまらず

「どうもありがとうございまいした。皆さん、本当に感謝、感謝しています、本当に」

と泣き崩れていました。

 

きっとこれまでの辛いリハビリや家族の支えそして変わらずに応援してれるファンへの

感謝の気持ちが溢れてきたんでしょうね。

堀ちえみさんのこの復活のステージには多くのファンや今も病気で苦しむ人達の

心を励まし、勇気づけてくれたのではないでしょうか。

本当に素晴らしいステージでした。

堀ちえみ「リ・ボ・ン」歌唱動画に対する世間の声

 

まとめ

堀ちえみ「リ・ボ・ン」歌唱動画!【24時間テレビ43】で舌がん術後初歌唱が話題!

はいかがでしたか?

舌がんで歌どころか食べる事や話す事も不自由していた堀ちえみさんでしたが

家族やファンの励まして見事な「リ・ボ・ン」を披露されていましたね。

本当に感動的なステージでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

hanakeiko

青森県出身のアラフォー主婦です。秋田、新潟、福島、宮城と移り住み現在は、宮城ライフを満喫しています。もともと体が弱く子育てしながら家事をこなすことが辛かったので、パーソナルトレーナーさんに1年間、食事と筋トレのアドバイスをしてもらい、体質改善に成功しました。体調が良くなり精神的にも安定したので、最近は瞑想にハマって毎日充実した日々を送っています。